カメラのペイントとライカの修理・塗装・レストアショップのルミエールです。掲載商品のお問い合わせは、Eメールpannonicamera@gmail.comもしくは電話xx-xxxx-xxxx(準備中)までお気軽にどうぞ。(タカハシ) 

営業日/定休日/営業時間の変更についてのお知らせ。

日頃よりルミエールカメラのメンテナンス・塗装サービスやオリジナルカメラストラップなど、ご利用いただきましてありがとうございます。

この度、誠に勝手ではございますが、諸事情によりルミエールカメラの営業日/定休日そして営業時間を変更させていただく事にいたしました。お客様にはご不便をおかけしますが、ご理解いただきますようお願い申し上げます。

営業日:月曜/火曜/木曜/土曜
定休日:日曜/水曜/金曜/祝日
営業時間:12:30〜18:30

現在、在宅ワークを進めていますが、現時点では不十分な環境ですので、今後、変更がある場合はお知らせいたします。

また、急な営業時間の変更などある場合にも、こちらのブログでお知らせいたしますので、ご来店の前にご確認いただければ幸いです。

ルミエールカメラ タカハシ

R0001364.jpeg
    15:00 | Top

Amedeoアダプター 価格改定のお知らせ

Amedeo Muscelli アダプターにつきまして、昨今の急激な円安等によるコスト増のため、
2022年5月1日より、製品価格を下記の通り改定させていただきます。

新価格(税込価格)

内外爪兼用タイプ
 Zeiss Contax - Leica M ¥42,500
 Nikon S - Leica M ¥42,500

内爪50mm専用タイプ
 Zeiss Contax 5cm - Leica M ¥30,000
 Nikon S 5cm - Leica M ¥30,000


購入ご検討中の方は、Amedeo Adapter Japanさんのブログも是非ご参照ください。
http://amedeo-adapter-japan.blog.jp/archives/88043952.html

よろしくお願いします。
    18:00 | Top

VIDOM

R0001185.jpeg

コアなライカファンの方からは今更と言われてしまうかもしれませんが、ユニバーサールファインダーVIDOMを個人的に最近入手しまして、造りの良さと、ギミックの変態っぷり(良い意味で)に ニヤリとしています。

逆像ビドムとも呼ばれている通り、覗いて見える像は左右逆転しています。
このファインダーの特徴的なギミックは、接眼部分をつまんで90度反時計回りに捻ると、天地が逆転する代わりに左右は現実を反映しますが、そうする事により縦位置にカメラを構えた際に天地逆さまの像にならずに(左右は逆転ですが)使えるという、有難い仕掛けが組み込まれています。
90年前の設計ですが、パララックス補正機構も完成されていて、そのレバーや表示部分も造りが良く、見入ってしまいます。

R0001186.jpeg

なぜ今頃になってVIDOMを入手したかと申しますと、 すこぶるボロくて錆々のHektor 13.5cmがずっと店のショーケースに転がっていたのですが、光学系だけ清掃したら使えそうなので、これまたボロボロの I 型(モデルC)に装着してみたところ、まるでミロスラフ・ティシーのお手製の機材のような雰囲気を感じてしまって、これに合うファインダーを考えていたらVIDOMしか無いような気がしました、という経緯なのですが、 本当の事を言えば、VIDOM以前の通称「魚雷ファインダー」(日本では「鉄砲ビドム」)と呼ばれるアレが理想ですね。
    13:00 | Top

ROBOT Tessar 1:3.5 f=3cm Carl Zeiss Jena + α7C

明けましておめでとうございます。
本日より通常営業しています。
本年もよろしくお願いします。

(ルミエールカメラ タカハシ)

R0001012.jpeg

30日と大晦日は、年越し蕎麦や正月の料理の仕込みをしたりで慌ただしく、元日だけのんびり正月気分で過ごし、2日、3日、4日はそれぞれ近場にドライブしたりで、近くでも初めて訪れる場所ばかり巡ってきました。

3日の日はロボットーLマウントアダプターでロボットテッサー3.5/30をα7Cに装置して鞄に忍ばせ内房ドライブへ、

ルートを振り返ると、道の駅保田小学校 ー 鋸南町の水仙ロード〜をくずれ水仙郷の八雲神社 ー 佐久間ダム湖 ー 浜の味 栄丸 ー 岩井海岸 ー 道の駅とみうら ー 那古舟形駅(無人駅)ー 大福寺(崖観音)、完全に日が暮れたので、ここで帰路に。

R0001016.jpeg

ロボットテッサー3.5/30はフルサイズで使用すると周辺像少し流れますがケラレは無く、気楽なスナップなら良い雰囲気で使えて、α7Cやバルナックライカ等で程よい広角のコンパクトなセットアップが組めます。

小ぶりでルックスの良いレンズが揃っているロボットレンズ群は、この「コンパクトなセットアップ』が楽しめるという部分も大きな魅力だと思います。


以下、ROBOT Tessar 1:3.5 f=3cm Carl Zeiss Jena + α7Cにて撮影。(全て絞り開放)

DSC03167 (1)

DSC03168 (1)

DSC03170 (1)

DSC03181 (1)

DSC03183.jpeg

DSC03187.jpeg

DSC03203 (1)

DSC03204 (1)

DSC03206 (1)

DSC03209 (1)

DSC03210 (1)

DSC03214 (1)

DSC03216 (1)

DSC03221 (1)
    12:00 | Top

2022年もよろしくお願いします。

2021年の営業は終了しました。
2022年は1月5日(火)12:00より営業いたします。

修理や塗装のお問い合わせや、商品のお問い合わせのメールの返信は、1月5日以降となります。

R0000998.jpeg

今年も一年どうもありがとうございました。
2022年もよろしくお願いします。

タカハシ
    18:57 | Top

ROBOT-Leica L39アダプター入荷しました!

お待たせいたしました。

ROBOT-Leica L39 マウントアダプター再生産分が入荷しました。

ロボットーライカL マウントアダプター
通販でも、直接ご来店でもご購入いただけます。


R0000996.jpeg
    14:05 | Top

『Cameraholics Vol.6』に弊店オリジナル商品が紹介されました。

594147.jpg


12月13日発売の『Cameraholics Vol.6』に、ルミエールオリジナル・丸紐ストラップ『09 AO』とロボットーライカL39アダプターが紹介されました。

Cameraholics Vol.6

ルミエール丸紐ストラップ『09 AO』


ロボットーライカLマウントアダプター

IMGP6380.jpeg

澤村 徹氏の「Nikon Z fcで蘇るスモールフォーマット オールドレンズ」というコンテンツで、Zcfとの組み合わせで紹介していただいてます。
ページを捲る毎にマニアック過ぎる Z fc + オールドレンズの組み合わせが目に飛び込んできて ニヤリ、読み入ってしまいました!
巻頭特集も「旅するライカ。」 そそられますね〜。

ロボットーライカLマウントアダプターは、いつもの大田区内の町工場の(カメラ好きの)主人に再生産を発注していますが、大変お忙しいそうで、Cameraholicsの発売日には間に合いませんでした。年明け早々には出来てきそうな感じですので、もう少しお待ちいただきたいと思います。入荷しました!
    13:00 | Top

本日から通常営業です。

本日より通常営業です。
休業中ご不便をおかけしました。

緊急事態宣言も明けたので休暇をいただいて諏訪湖に二泊宿をとってドライブしながら宿場町をまわったりしてきました。
昨年はコロナで旅行に行けなかったので、旅行スケジュールついつい詰め込み過ぎて、帰りの運転でぐったり疲れ果てましたが、3日間とも天気も良く、ドライブの最中天体ショーも見られたし、前から行きたかった場所を結構まわれてほぼ満足しました。

L1000614.jpeg
Summaron 2.8/35 + Leica M Typ262

R0000682.jpeg
RICOH GR IIIx

IMG_5141.jpeg
iPhone
    12:20 | Top

ルミエール丸紐ストラップ『09 AO』新発売!

DSCF0795.jpeg

新色のルミエール丸紐ストラップ『09 AO』発売します。
9月1日より販売開始です。

DSCF0789.jpeg

『09 AO』(09 あお)は7mm径の丸紐カメラストラップで、伸縮性は皆無、頑丈かつしなやかな使い心地が特徴です。

『03 BLACK』『05 BLACK6.5』『06 COPPER』『07 OLIVE』『08 USUNIBI』と同じく、国内のアウトドアメーカーに製造を依頼した日本製の丸紐を使用しています。

DSCF0784.jpeg

『09 AO』はインディゴブルーや日本の伝統色の青藍の様な色味で、鮮やか過ぎず少しくすんだ青の丸紐ストラップです。

モノトーン系などのシックな服装にはアクセントになり、デニムとの相性もとても良いと思います。

DSCF0782.jpeg

ブラックボディにもクロームボディ(シルバーボディ)にも馴染む色味の青です。

DSCF0779.jpeg

長さは、108cm、120cmを用意していますが、ご希望の長さでも同価格で作製いたします。80〜140cm位まで1cm単位でのご指定サイズで承りますが、多少の誤差はご了承下さい。

取付けリングは、光沢に深みのあるクローム仕上げの小ぶりなリングで、線径が細めですが充分な強度があり、X-Pro3やX-T3など取付け穴の小さな富士のカメラにも無理なく装着できる汎用性の高い二重リングです。

DSCF0792.jpeg

『09 AO』の販売価格は¥5,000(税込)です。

通販はこちら→通販
定形外郵便で発送しますので送料は¥120です。


● ● ● ● ● ● ●


ルミエールのカメラストラップのラインアップはこちら→ ルミエールカメラストラップ
    15:00 | Top

ライカの塗装とオーバーホールのご注文についてのお知らせ。

おかげさまで、ライカのオーバーホールや塗装のご注文を多数いただいておりますが、現在納期が大変長くなっていますので、当面の間、ライカの塗装とオーバーホールのご注文はご予約にてお受けしまして、作業に取り掛かれる時期に、カメラをお送り(お持ち込み)いただく形式に、変更させていただきます。
Eメールや電話でのご予約、またはご来店でのご予約も承っております。
ご不便をおかけして心苦しいですが、よろしくお願いします。

なお、レンズのメンテのご注文は今まで通りご予約無しで承っております。

カメラストラップのご注文も今まで通り、当日か翌日発送で承っております。

ルミエールカメラ   タカハシ
    13:00 | Top
 
 
営業時間12:30~18:30 月/火/木/土曜日営業(日/水/金/祝日定休)
 
 
 
 
プロフィール
 
 

ルミエールカメラ

Author:ルミエールカメラ
ルミエールカメラ
東京都大田区大森北 2-4-10
(まもなく移転します)
TEL ただいま新しい電話番号準備中です

ご注文、お問い合わせメールはこちらまで
Mail: pannonicamera@gmail.com.jp

当ブログは2008年10月15日に開設し、ルミエールのカメラ修理・塗装担当のタカハシが運営しています。

価格表示は全て税込み価格です。

 
 
カテゴリ
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
QRコード
 
 
QRコード